FC2ブログ

【時事】ヤマト宅配危機(T-SHOCK)のアレコレ@雑感


「社会経済の底辺で働いてる」なんてよく自虐的に言ったもんよ..入社してわりとすぐ、某メガバンク傘下の取引先に「オマエらごときの会社がー」と嘲笑されてな、この仕事「プライドいらねーなぁ~」と思った(笑)。たまには物流というマイナーな仕事にも目を向けてあげて..

という思いはあるが..ヤマトさんやり方うまいね。「A社さんとヤマトさんの問題」から上手いこと社会問題化させちゃいました。A社さんから撤退すりゃヤリ損状態からは脱出できるはずでしょ?ということを含みつつ、雑感...

コンビニ受取は一部の利用者が得するだけ

そもそもコンビニはタダで荷物の受付をやってくれてるわけじゃなくて、宅配会社がちゃんとコンビニに手数料を払って代理店的に仕事をしてもらってます。

もしコンビニ受取が拡大したら、狭い店舗のバックヤードはたちまち荷物でいっぱい。それに荷物の引き渡しミスとか店舗内で汚破損なんかが起きたら誰が責任取るの?既に発送荷物の受付はやってるわけだし、これ以上荷物管理の負担、リスクが増えたら・・・
img1704_05.png
「こんなのやりたくね~」
「手数料もっと払ってくんなきゃやんねーよ~」


そりゃコンビニの本業はあくまでも販売が主だもん。受け取る側だってそりゃ玄関まで持ってきてくれることに越したことはない。在宅時間が不規則で受け取れない人とか、家族に内緒でエッチな商品頼んだ人にとって都合がいいだけです。笑


再配達の有料化はクレームを助長するだけ

罰則的に料金を収受するというのはちょっと...実は「ずっと家に居たのに不在票投函されたー!!」というクレームが多いこと多いこと。宅配会社にとって再配達は何のメリットもないからそんなこと意図的にやるのはおかしいんだけど、スポットの配達スタッフとかだと、コスト云々よりとにかく早く回り切って終わらせたいっていう一心で、不在票の「フライング投函」は確かにあり得る。
img1704_04.png
もし有料化するとなれば、居たとか居ないとか、トイレに行ってただけとかね、ズル賢い利用者なら、わざとそう言う人もいるかもしれないし、そんなこと言われたら宅配会社は反論のしようがないでしょ。あちこちの玄関先で配達スタッフが怒鳴られてる姿が目に見えてます。

罰則方式よりも、日本郵便さんと楽天さんが企画してるような「一発受け取りならポイントアップ!」みたいな加点方式のほうがいいねぇ。


戸建・個人型の宅配ボックスの普及を!あとは・・・

試験的に福井県あわら市でやってるようですが、戸建てが多い「地方」では効果が実証されてるようです。他に防犯性の問題はあるけど、ドアノブにワイヤーロックで吊るして施錠できる簡易の物なら数千円で購入できます。問題は部屋主不在時に配達員がドアノブまでたどり着けないオートロック式の集合住宅。共用の宅配ボックスじゃ数が足りない。と思ってたら大京さんが郵便受けと一体型の全世帯対応型の宅配ボックスを開発したらしい。
   img1704_01.png
あとはもう利用者の意識の問題か・・・申し訳程度の駅の宅配ロッカーとか営業所受取りとかにご協力いただける「意識高い人」に3000点!倍率ドン!さらに倍!あくまでも長期的な取り組みの話だけどねぇ。あと、通販会社さんは「過剰梱包」やめなはれ!BOXに収まらん。


サービス残業で支えられた数字

ヤマトさんの2017年3月期の期末決算が仮に前同並みに推移したとすると、連結営業利益は約685億円。れほど薄利商売の宅配業界において、宅配依存の会社がこんだけ利益を残すのは信じがたいことなのだが、結局はサービス残業の実態が明らかになった。2年間で約700億円てことは、単純に単年でも300億円以上。685億円の利益は一気に半減するし、一括支給した場合は営業利益ベースで赤字になる。いくらHD制を取っているからとはいえ、主軸は宅配だから宅配がコケるとそれを補うのは大変。

  ▼ヤマトホールディングス(2016年3月期セグメント別構成比率-営業収益)
yamatog.png

取扱荷物の増え過ぎで人出不足が深刻化。残業依存が常態化して、総コスト曲線がついに収益上限点をオーバー。「やればやるほど損」をする事態に..サービス残業700億円ていうのもメディアが報じた速報値にすぎないし、もっと深刻な事態になる可能性もある。最近CM見かけなくなっちゃったけど、決算報告が気になりますな。


T-SHOCKの反省と・・あしたのために

極端に安い契約運賃だったり不在再配達とか、利用者側の道義的な面もある一方、そもそも熾烈な貨物の獲得競争の中で、ひたすら便利さを追求してシェア拡大をしてきたのはヤマトさん。そこにまんまと乗っかったA社さんらを一概に悪者扱いできないわけで、要はネット通販がここまで大化けするとは予測できてなかったんでしょ?という反省はある。img1704_06.png
一般向けも含めた全面値上げ、数量抑制、サービス縮小で、もはや「便利さの追求!お客様に満足をお届けします!」の企業理念は形骸化したわけだ。3Kイメージの業界が無駄に主従関係を助長させるような理念に追随した結果が、「言いなり」、「オマエらごとき」なんてぞんざいな扱い。物流インフラを担うってそんなに軽んじられる仕事かね?

今度はヤマトさんの労働環境、サービス見直しに追随して、言いなり状態からの脱却!そして傲慢な荷主には、「物流業界のあしたのために(その2)、右こぶしに全体重をのせ、まっすぐ、目標をぶちぬくように打つべし!打つべし!」笑


宅配会社の経営政策の反省、利用者の意識向上と戸建・個人宅配ボックスの普及、そして荷主はちゃんとビジネスパートナーとして見てあげなきゃいんかよ~。A社さんの当日配達サービス撤退を検討しているヤマトさん。今後のA社さんの動向と、あの感動CM『ポニー編』の次がどうなるか見ものです。笑

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Coldmango

Author:Coldmango
血液型 : 基本A型
髪 型 : 短髪歴21年
体 型 : 中肉中背
趣 味 : 邦洋懐メロ好き

最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
検索フォーム
リンク